和よりも洋の需要

日本の伝統的な部屋の作りといえば和室です。和室には畳が引かれており、なんともいえない癒し空間を演出してくれます。最近では和室の部屋やりもフローリングの部屋の方が多くなっています。畳は張替えや買い替えが必要です。フローリングは手入れも楽ですし、光の反射の具合が良いので部屋全体を明るく見せる効果もあります。そのため、おしゃれなインテリアの多い部屋などでは好まれる傾向にあります。和室の部屋は仏壇を置く部屋や、客間などの限られた部屋での使用が一般的で、フローリングの部屋が多いのが普通の間取りに推移しています。畳は汚れや水分も吸収しまし。梅雨時期はカビのもとになる可能性もあります。フローリングは水分も吸収せず汚れも落ちやすいというメリットがあるので人気なのです。畳の部屋にわざとフローリングのようにする家庭も増えているのが現状です。

フローリングは木材で作れられているため、傷がついてしまうのは仕方のないことです。家具の移動でも傷つきますし、物を落とした衝撃でも簡単に傷がつきます。また、その傷は目立ちやすいので補修をかける必要があります。この傷を治す作業をリペアといい、ホームセンターなどで売っている商品で自分で治すことが可能です。この道具で補修できないときは、フローリングの張替えが必要になります。基本的に小さな傷は補修をかけるのが簡単ですが、色味や光沢具合もあるので、それにあわせるのが難しいという問題があります。それが気になるのならば、プロにお任せしてみるのもいいでしょう。プロは、傷やへこみ、頑固な汚れも全て綺麗に補修してくれます。リフォームではないので、コストもそこまで大きくかかることはありません。時間も手間もそんなにかからないのでサービスとして需要が高まっています。